チョビよ北海道はなぜ寒い

札幌から函館まで意外に遠いのである

文化勲章受賞作家の 杉本苑子さんが亡くなられたって本当なのか 未だに自分自身を疑いたくなっている

PR
f:id:ryupanda:20170602201049j:plain
直木賞作家の 杉本苑子さん が亡くなられたというニュースが駆け巡っている
これは国際的な情勢なんかよりはるかに大事件なのではないだろうか
古代から明治まで幅広い時代を書いた小説などとにかく91歳で亡くなるまでに彼女がしてきた功績は計り知れないものがある
1952年にサンデー毎日の懸賞小説に入選したことで彼女は 文学の世界に足を踏み入れることとなった そこからの受賞歴はものすごい
とにかくすごい
その受賞の年だけでも1951年に 受賞そして1952年に受賞そして1962年に受賞1977年20章1977年は2回も受賞している
1986年に女流文学賞を受賞
1987年に紫綬褒章を受章
1995年に文化功労賞を受賞そして97年には熱海市の名誉市民になり1999年に nhk 放送文化賞を受賞2002年にも文化勲章などを受賞している
そしてあの直木賞を受賞したのはこちらは第48回の直木賞なのだが
これが1962年の受賞である
とにかく日本の文学史を語る上で彼女を外すことはできないというぐらいものすごい数の作品を世に送り出しているのである
そんな著名な方が亡くなられたというのは日本にとってものすごく大きな 事件である