チョビよ北海道はなぜ寒い

札幌から函館まで意外に遠いのである

北朝鮮の核ミサイルが実際に東京に落ちる可能性と被害はどうなの?原発とか放射能の心配は?という疑問

PR
no-img2
佳奈子

北朝鮮がまたミサイルを撃つとかいってますよ!

 

no-img2
陽子

本当、怖いよね

 

no-img2
佳奈子

実際に東京に落ちたらどうしようと昼も眠れません

 

no-img2
陽子

昼は起きてろよ

 

no-img2
佳奈子

はい・・・すいません。でも先輩は怖くないんですか?

 

no-img2
陽子

いやー怖いよー。小学生のころは米ソ冷戦がまだ続いていたのでね、核戦争の危機、第三次世界大戦の危機とか盛んに言われていたのよ。横須賀にアメリカ海軍基地があるから、そこが狙われるってね。新聞の折り込み広告なんかにも、神奈川県の被害予想地図が入っていたり。そんなだったので、親に核シェルターをねだったりしたもん

 

no-img2
佳奈子

小学生で核シェルターですか??可愛くない・・いえ・・ごほごほ

 

no-img2
陽子

まあ、そんな感じで子供時代から核は恐れて育った系だったんだけど、実際に北朝鮮が東京に核を撃つのか?と言われると、可能性は低いよね。

 

no-img2
佳奈子

どうして?撃つために核を作っているんじゃないの?

 

no-img2
陽子

いや、むしろ撃たないために作っているというかね。

 

no-img2
佳奈子

どういうことなの?

 

no-img2
陽子

そもそもの核兵器を持つ理由が、使うためではないからなのよ。核兵器を撃てば、相手からの報復が高い確率で想定できて、しかも完全に防ぐことはできない。なので、核は、もしなんかあったら撃つぞ?撃つぞ?俺は核を持ってるんだぞ?怖いだろ?だから手出しするなよ?という防御が目的なの。日本はアメリカと敵対しているわけでもないし、むしろアメリカに守ってもらっているけど、北朝鮮のようにアメリカに敵対している国は、アメリカにいろいろ口出ししてほしくないわけ。でももし核を持っていたら、アメリカも北朝鮮をおそれて何も言えなくなる。そう考えているのね。
だから、核兵器は「持っているぞ」とアピールすることが大事な兵器なのであって、だれにも知られずこっそりと作って隠し持っていても何の意味もない兵器なのよ。逆にいえば、核を実際には持っていなくても、持っているぞ、と言うことで、効果を出すこともできるのね。

 

no-img2
佳奈子

なるほどですね。存在すると見せかけることが核兵器の最大の効力なのですね

 

no-img2
陽子

そうそう。もし間違って使っちゃったら、自分も死ぬことになるからね。有利に生きたいから核を作っているのに、それで死んじゃったら本末転倒ということ。北朝鮮も「有利な条件下で生きたい」と思っているから核を作っているのに、東京に核を落としたら、そもそも何のためにここまで長い時間とお金をかけて核兵器を作ってきたのか、ってなっちゃう

 

no-img2
佳奈子

じゃあ、なにも心配はいらないの?

 

no-img2
陽子

それでも、人間である以上、間違いはあるよね。感情もある。時に人は合理的とは呼べない行動を取ることがある。まあそれが人間という生き物なのだけれど。なので、アメリカの挑発に乗ってしまって、つい攻撃しちゃった、ということだってなくもない。また、向こうも組織なので、組織内の対立や混乱から、発射されてしまうことだって、場合によってはあるかもしれない

 

no-img2
佳奈子

なんだか怖くなってきましたよ・・・。どうしよう。

 

no-img2
陽子

まあ、リスクを過少に評価せず、過大にも評価せず、正しく恐れることが重要なのではないかな。

 

no-img2
佳奈子

わかりました!核ミサイルがもし仮に近くに落ちたとして、生き延びることって現実的にできるんですかね?放射能もあるし・・。福島の立ち入り制限区域みたいになるってことですか?

 

no-img2
陽子

実際に核ミサイルで怖いのは、最初の爆発で発せられる電離放射線、熱線、衝撃波、爆風だね。最初の爆発時に最初に電離放射線が発せられるの。中性子線、ガンマ線、など多数の放射線を含んでいて、中性子線とガンマ線は多くの物質を貫通する。中性子線はすぐに減衰するけど、ガンマ線は、かなり遠くまで届く上に、貫通力も絶大なの。なので、各ミサイルの被害から逃れようとする際に、もっともやっかいな存在なのが、このガンマ線なのよ。このガンマ線を防ぐにはコンクリートだと66cmの厚さが必要といわれてる。鉄だと21cm。土ならば、1mね。
そうなると、Jアラートが鳴り響いて、どこかに隠れなきゃ、となったら、地上にいたら、ビルのなるべく中心部に。地下街が近くにあれば、とにかく地下に逃げる。それだけで、生き残れる確率は格段にあがるわ。そして最低限、窓のない場所へ非難すること。それができなくても、窓の方は見てはだめ。爆発の光を見ると失明するからね。
そのあとに衝撃波が到達する。衝撃波が来てもある程度の距離とコンクリート製の建物の中なら、なんとか逃れられるかも。

 

no-img2
佳奈子

わかりました。今度Jアラートが鳴ったら、実践してみます。

 

no-img2
陽子

それから、爆発後の放射能、つまりは放射性降下物とよばれうるものなんだけど

 

no-img2
佳奈子

原爆の時に降ったという黒い雨なんかもそうですよね?

 

no-img2
陽子

そうね。核爆発の後には雨が降る。そして、この雨には放射能が大量に含まれているので、決して浴びないようにね。もちろん体内にも取り込まないように。そして外気もなるべく家に入れないようにして、10日間は少なくとも、表にはでないように。でも、原子力発電所の事故と違って、核爆発の放射能は、結構早く拡散してしまうので、最初の「放射線」に一番気を付けて、それ以降は、できるかぎり避ける、方向で。
ただ、俗に言われる「黒い雨」には気を付けて。あとは拡散するまでの10日間くらいは注意ね。

 

no-img2
佳奈子

なるほど、ということはやはり食糧や水の備蓄は必要ということですかね?

 

no-img2
陽子

まあそうなるねーー。

 

no-img2
佳奈子

なにごともないといいですよね・・・本当

 

no-img2
陽子

本当だよね・・・